カーペット・タイルカーペット

カーペット

フローリングや畳の上に敷くことが出来る代表的な床材です。

デザインやカラーのバリエーションも豊富な上に、さまざまな機能を持っています。

1. カーペットのメリットって?

・安全性が高い。

滑りにくく、衝撃を吸収するので転んでも大ケガをしにくい。

歩きやすい。

歩行の衝撃をクッションのように吸収するので、足が疲れにくく、歩きやすい。

 

・吸音してくれる。

歩行・物の落下・摩擦音や子どもが飛び跳ねたりする音を和らげてくれます。

上階のお部屋にカーペットを敷くことで下に響く音が軽減します。

 

・保温性・断熱性がある。

パイルといった構造上、空気層が出来ることで断熱性が期待できます。

また、床からの温度変化を受けにくいので、冷暖房に必要なエネルギーを軽減でき、省エネにもつながります。

​2.カーペットのデメリットって?

・気軽に洗えない。

家庭でのお洗濯が出来ないので、日ごろのお手入れがとても重要になってきます。

また、飲みこぼしや食べこぼしなどで汚れた場合には素早く対応しなければ、放置してしまうと

クリーニングでも取ることが困難になってきます。

・採寸が大変、敷き込みが面倒

規格のサイズはありますが、それが合う。合わないの判断は採寸や現場下見をしないと分かりません。

当社としては出来るだけ慣れた専門の業者にご依頼することをオススメします。

仕上げや素材によっては、ご希望のお部屋へ不向きな場合もございますので、

相談を進めていくことが重要になってきます。

デメリットを素材や仕上げ加工によって軽減させるといったカーペットも普及してきています。

・撥水、抗菌防臭、防ダニ、天然素材(汚れがつきにくい、取れやすい。人に優しい素材など)

タイルカーペット

規則的な形に作られたカーペットで、パネルを並べたり、

組み合わせて配置するパズルのようなカーペットです。

1.タイルカーペットのメリットって?

カーペットのメリットに加え、

・持ち運びがしやすい。

40cm角や50cm角などの比較的コンパクトなサイズが多いので、2階への持ち運びも簡単です。

・配置が簡単に出来る。

パネルを並べていくだけで良いので、設置や取替えが簡単です。

・防音性が優れている。

カーペットに比べ、歩いたときの足音や、物を落としたときの落下音などが

通常のカーペットに比較すると、さらに軽減されます。

・お手入れが簡単に出来る。

部分的に取り外して丸洗いすることはもちろん。

傷や取れない汚れがついてしまった場合などを、部分的に交換することができます。

2.タイルカーペットのデメリットって?

・ズレてしまうことがある。

接着しない場合には、使っているとどうしてもズレて来てしまいます。

・柔らかな踏み心地、柄の入ったものは向かない。

デザインや踏み心地を優先的にされている場合は、カーペットをオススメいたします。

タイルカーペットは硬めの踏み心地のものが多いです。

・配置する場所には注意が必要。

裏地がズレ止め加工されているので、カーペットや畳に直接敷くと傷めてしまう場合があります。

フローリングやタイル等以外の場所に配置される場合には、ご相談ください。

※接着施工をご希望される場合は現場の下見が必要になります。

※豊富な種類のカーペットを取り揃えており、お客様にあわせたご提案をさせていただきます。

​※サンプルや生地の見本も展示しておりますので、是非、ご来店くださいませ。

Copyright (C) 2016 Bigmories. All Rights Reserved.

有限会社ビッグモリーズ 和気店

〒709-0442 岡山県和気郡和気町福富512-1 

営業時間:10:00~19:00 店舗定休日:木曜日 

TEL:0869-92-0266 FAX:0869-92-9555

​家具・雑貨・学習机のBIGMORIES

家具と雑貨 Bigmories 楽天市場店

※ネットショップにつきましては、木曜日・土日祝日は受注・配送業務をお休みさせていただいております。